腰痛防止効果にトゥルースリーパーの高反発マットレス

トゥルースリーパーの高反発マットレスを購入し、腰痛の悩みから解放されました。合わせてウォーキングや椅子のクッションを変えました。

マットレスで眠りが変わる

1年近く腰痛に悩まされ続けていました。原因がよくわからず、仕事で長時間椅子にばかり座っているのがいけないのだろうかとか、運動不足によって筋肉が弱くなったのが原因だろうかなどと色々と考えました。

おそらく腰痛の原因は一つだけではなく、いろいろな要素が複雑に影響しあっているのだろうと思います。そこでこれらの思いつく原因を一つずつ解決していくために、まず腰に負担が少ないクッションを職場の椅子に置き、運動不足解消のためにウォーキングを行うことにしました。しかし、それだけでは改善しないのです。特に朝起きたときに痛みが激しいことから、ベッドが悪いのではないかと考えるようになりました。

そこで、腰痛防止効果があるマットレスはないかとインターネットなどを通していろいろ調べたところ、価格に対して腰痛防止効果が高いということで評判が良い、トゥルースリーパーのマットレスに変えてみることにしました。

最初はいつも使っていたマットレスと感触がずいぶん違うために、逆にもっと腰が痛くなっていくような感じがしたのですが、3か月目ころから体がなじんできたのか、朝の目覚めが良くなってきました。腰の痛みもほとんど解消しました。

質の良い眠りができるようになった

トゥルースリーパーを購入するにあたっては、いくつかの種類があるのでどれを選んだら良いのか迷いました。低反発、中反発、高反発の三つのマットレスがあります。どのタイプを選べば一番腰痛防止の効果が高いのかわかりませんでしたので、いろいろな口コミ情報なども参考にしました。

元バレーボール選手の中田久美さんは低反発マットレスを愛用しているとのことだったので、最初は自分も低反発タイプのマットレスが良いかと思いました。しかし、低反発の場合、体が沈み込むと書いてあり、それが気になりました。

柔らかいマットレスはとても気持ちが良いのですが、寝返りが打ちにくいというイメージがあるからです。中反発タイプは中途半端に感じました。そこで最終的に高反発タイプのトゥルースリーパーマットレスを購入することにしました。

トゥルースリーパーの高反発マットレスは、面全体で体を支えている感じが心地よく、慣れてくると本当に快適で、深い眠りができるようになりました。ただこの硬さに慣れるまでは少し時間がかかりました。購入を検討されている方は、どのタイプのトゥルースリーパーマットレスが良いか、口コミなども参考にすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です